Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>






qrcode



PSP「プレイステーション・ポータブル」ギガパック セラミック・ホワイト

twittreでつぶやいています☆
お顔のリフトアップフェイシャルが得意なセラピストのブログです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2013.11.11 Monday | - | - |

試合
19:32
U−file CAMPの裕希斗選手の試合が決まったそうですひらめき
4/5(日)
パンクラス
@ディファ有明
vs江泉 卓哉 フライ級2位

私は今回仕事で応援には行けませんが、がんばってくださいー!
今度はどんな髪型になるんだろ猫2それもちょっと楽しみだったりして・・
だって急に金髪になっちゃったりするんだもんぴかぴか

試合終わったら、また私を格闘技観戦に連れて行って下さい(のんきですみません)
禁断症状出まくりなんですけど汗
よかったら、新しいサロンにもスポーツアロマと骨格矯正で身体の調整に来て下さいねおはな

あれ、私信になっちゃった?裕希斗選手、携帯に送れよって内容でごめんなさい汗
裕希斗選手のブログはコチラ

| 2009.03.10 Tuesday | スポーツ観戦 | comments(2) |

K1MAX
12:36
23日はK−1MAXの日でしたね。
仕事じゃなかったら観戦したかったです。
私が今、とっても応援しているのが、湘南格闘クラブの日菜太選手。
こちら
一度試合を生で観たい選手です。
あー、格闘技、観に行きたいなー。
行きたい、行きたい。たまに観戦しないと、なんか禁断症状が出てきます汗

| 2009.02.24 Tuesday | スポーツ観戦 | comments(0) |

大生っ!
23:58
明日から仕事です。
今日は、友人たちとラグビー観戦の予定が、やや風邪の気配を感じて、夜の食事だけにしました。
やはり屋外での観戦は、寒いので・・結晶

と、言うことで、大みそかは地上波で「Dynamite!!」をテレビ観戦しました。
これこれ。

一つ一つ感想書くときりがないんで書きません。
でも、U-fileの中村大介選手、勝ってよかったですねぴかぴか
裕希斗選手も、セコンドでテレビ映ってましたねおてんき
大みそかまでお仕事、お疲れ様でした!
磨き抜かれた腕十字でした。腕十字職人だー。すごいなあ。今後の試合も楽しみです。

田村さんと桜庭選手の試合は、普段格闘技を観ない母に「この人たちの試合は、なんだか他の人たちの試合と違うのねえ。」との感想を持たせました。
私にも、よくわかりません。昔のこととかよく知らないですから。記事で読んだりしただけで。リアルタイムに知らないのです。
でも、空気が、場を支配する何かが、何か普通の試合と違うのは、私にも感じられました。
なぜでしょう?
なぜなんでしょう?

私は個人的には、いつでも、もう、桜庭選手には負けてほしくないと思う気持ちがあって、でも、もちろん田村さんにも負けてほしくはなくて・・
そんな気持ちを、上手に処理してもらえたような試合でした。
選手や各関係者、格闘技をされる皆さんとは違う視点かもしれないけど、私は、ほっとしちゃったんです。
勝敗が、あってないような、最後に抱き合っている二人を見られたら、もう満足しちゃったんです。
抱き合って「もう一度」と言っている桜庭選手を見たら、抱き合ったまま、なかなか離れない二人を見たら、もう、満足しちゃったんです。
甘いです。すみません。シロートですから。わたし。

武田選手だけ・・観るの辛かったですが、後楽園ホールで、新日本キックで、試合していた勇ましい姿は、今も心に焼き付いています。
武田選手が現役を続けるなら、私はずっとずっと応援していきます。

スポーツ選手にとって、例え身を削ってでも、現役であるということは、大切なことなんだろうなあ・・

| 2009.01.04 Sunday | スポーツ観戦 | comments(0) |

アウトサイダー
01:53
とうとう観てきましたよ!
リングス/THE OUTSIDER事務局
「THE OUTSIDER 第4戦」
2008年12月20日(土)東京・ディファ有明

いやー、面白かった。これです。

連れて行ってくれたU-Fileのユキト選手に先導されて、前田日明代表と握手もしてもらえて、本当に感激しましたラブラブ
ユキト選手、本当にありがとうございました。いつもお世話になります汗

握手してくださいってお願いしに行ったら、前田代表は、少しびっくりしたみたいな顔で、でも、しっかり握手してくれました。前田日明代表の手は、大きくて肉厚で、がっちりしていましたポッ宝ものの思い出になりました。

試合の中で、鳥肌が立ったのが、前田日明代表も絶賛!今大会のMVP、第24試合の佐野哲也選手の試合。

正直、アマチュアの大会で、あそこまでの試合を観ることができるとは、想像していませんでした。
派手な入場パフォーマンス、派手な外見、の選手が多い中、割とおとなしい感じの選手でしたが、試合が始まったら一転。
超ド派手な試合展開でした。

とにかくスタンドの殴り合い。
寝技には付き合わないという姿勢を貫き通す。
その度、場内に「おーっ」と言うどよめきと拍手。
でもね、パンチをもらわない訳じゃないんですよ。
自分だってバンバンパンチもらっちゃうの。

そして、激しい攻防の中時間切れ、もう判定か・・と思いきや、残り1秒でTKO勝利!
すごい・・あなたは神ですか。

運は、この世に確かに存在して、より強い意志と純粋な努力で、それを望んだものに、引き寄せられる。
それを、信じられるような試合でした。

しかも今日は、1か月前に亡くなったお爺様の法要があったけど、試合に出たそうです。
試合に勝って、お爺様の供養になったと思いますって。

いや、きっとお爺様、一緒にリングサイドで応援していらっしゃったと思う!
そのくらい、気迫のある試合でした。
こんなの観ちゃっていいのか?!と思うような、常に鳥肌立て続け、空いた口がふさがらない試合でした。

うーうー、表現しきれない自分が悔しいです。
それくらい、凄かった。
やばいです。格闘技。年末も、楽しみです。え?はい。仕事もがんばります!

| 2008.12.21 Sunday | スポーツ観戦 | comments(2) |

ラグビー観戦
11:59
1-57.jpg
最近寒いですねー結晶
秩父宮ラグビー場に、ラグビー観戦に行きました。
今回は、日本代表VSアメリカ代表のための、日本代表選手を選ぶセレクションマッチとの事でした。
つーことは、日本のトップ選手たちの戦いなわけでした。
しかし、屋外だから寒い!!選手たちは半そでで、寒くないのかしらー。
いや、寒くないらしいです。

あと、身体の大きな外国人選手が会場に観に来ていて、凄い身体でした。
一緒に観戦しに行った元社会人ラグビー選手だった友人の一人が、185cmの身長なのですが、現役時代、オーストラリアの選手に「スモール!」って言われたそうです・・
そ、そうなんだ・・汗

でも、外国人は、筋肉骨格が違うなあって感じでした。
あんな身体にタックルされたら、身体が壊れそうですねひやひや
みんな、あちこち怪我や故障を抱えながら、がんばってるんだろうなあ。

夜は渋谷で飲みました。
観戦で冷えたせいか、体調イマイチになってしまった。
やはり冷えは大敵ですね。もうすぐ新しい職場が始まるから、体調管理は気をつけようっと。みなさんも、かぜひかないでねおてんき

| 2008.11.09 Sunday | スポーツ観戦 | comments(0) |

観戦しなかったけど・・
23:44
先日、観戦に行きたいなって書いた「アウトサイダー」
やっぱりかなり危険だった模様〜汗行かなくてよかったかも・・

こんな様子だったようです→コチラ

こ、これはひやひや想像以上の絵でした・・

でも、第4試合、リングに上がって乱闘を食い止める前田日明氏の赤いジャケット姿。
やっぱり生で見たいものです見る
しかも、記事の中には村上一成選手の名前も?!(マニアックですみません・・)
そしてレフェリーには最強レフェリー和田さんパンチ
レフェリーが一番強そうな絵です猫2けど、このメンバーは和田さんじゃなくっちゃ。

という事で、主催者側の関係者の皆さんの顔ぶれが、私的にあまりに豪華で、試合会場は怖いけど行ってみたい。行ってみたいけど怖い。などとジレンマに襲われております猫2
ちなみに、女性同士で行ってる人はいなかったらしいです(いたらスミマセン猫2

そう言えば、今日の大阪城ホールの「Dream」。
U-Fileの中村大介選手のセコンドで、ゆきと選手ちらっとテレビに映ってましたね!
何時の間に大阪へ・・中村選手、勝ってよかったですね。
ゆきと選手にお願いして、アウトサイダー連れて行ってもらおうかな汗←弱虫。

Dreamと言えば、宇野選手に勝った青木選手には、優勝して欲しかったです。残念ポロリ

| 2008.07.21 Monday | スポーツ観戦 | comments(0) |

シーズン
15:04
01.jpg
ここは秩父宮ラグビー場。
後楽園ホールが「格闘技の聖地」であるならば、秩父宮ラグビー場は「ラグビーの聖地」とのこと。

この日はサントリー対神戸製鋼。シーズン直前の招待試合。
ナイターが始まったのは今年かららしいです。
仕事帰りのビジネスマンやOLさんが観戦していました。
客席の男性も、身体の大きな人が多くて、日本のラグビー人口を垣間見た気がしました。

私は、社会人ラグビー選手のケアをしたことはありましたが、ラグビーを生で観戦したのは初めてでした。
どんなスポーツもそうですが、生で観戦したラグビーは、凄い迫力でしたびっくり
大きな身体の男性達がぶつかりあい、そして、走る、走る。
骨のきしむ音が聞こえてくるような迫力で、団体格闘技ーって感じでした汗
みんな、あちこちに怪我や故障を抱えながら頑張っているんだろうなあ・・

そう思うと、スポーツ選手にとって、オフシーズンの過ごし方ってとても大切。
怪我や疲労を回復させ、内観し、トレーニングし、進化した自分自身を作り上げる。
オフシーズンあってこそのシーズンとも言える気がします。
以前ラガーマンの友人が「試合の朝、目覚めた時いかに身体が軽いかで、その日のやる気や自信が変わるんだ。だから試合当日の目覚めって、大切なんだよねー」と言っていました。

例えれば私達の人生にも、シーズンとオフシーズンってあるなあって思います。
人生の中で「優勝しよう」「この試合は勝ちたい」「新しいチームで頑張る」など、いろいろな目標や局面があって、それに向けて頑張っていて。
その中で、怪我もすれば疲労もする。
否応なくオフシーズンに入る時もあって・・

そんな時は試合復帰をもがかないで、オフシーズンにするべき事をする方がいいよね猫2
オフシーズンにする事は心身のコンディショニング。

シーズン中は、エネルギーを外へ外へ放出するイメージ。エネルギーがどんどん広がって大きくなって力強くなって沢山のエネルギーと交わってさらに強力なパワーを産む。
シーズンオフは、エネルギーを自分の中で貯える時期。自分の中へ中へとエネルギーを注ぎ込み、満たし、充実させるバナナ

怪我や疲労をしっかり回復させて、自分の中のエネルギーを満たしてあげたら、次のシーズン突入の朝の目覚めは、きっと輝かしくもパワフルなはずぴかぴか

分かっていても、ついもがいちゃうのが、人間なんだけどねー猫2
オフシーズン中の休息期には、自分を心地良い状態にしてあげよう。
自分が本当に心地良く満たされる状態は、雑誌の特集や情報番組の中だけではなく、自分自身の深いところで、自分が一番良く知っています。
頭でジャッジせず、ハートで感じる自分が心地良いことをしてあげよう揺れるハート

最近疲れが抜けないー、やる気がおきないー、てか、そもそもできない・・
そんなあなた、オフシーズンに突入する時期かもねー。
シーズンが到来したら、進化しちゃった自分で、やる気出して行こう〜おてんき

| 2007.10.16 Tuesday | スポーツ観戦 | comments(2) |

We are all one
20:48
これは↓昨今流行の恋愛マニュアル本などではありません。
まず著者が、大晦日に引退宣言をされた格闘家の須藤元気さんです。
20070106_241999.jpg

現役の格闘家でありながら、映画、バラエティー、執筆活動と、様々な分野でご活躍されている方でした。
テレビ番組の「ハニカミ」に出演された時には、友人とともにテレビ画面を前に、本気でハニカミましたラブラブ
格闘技に興味の無い友人の女子でさえ「カッコイイよね!」と言うくらい、素敵な選手でした。

格闘技の試合会場で、たまたまいらっしゃっていた姿をファンに見つかり、それでも試合の休憩時間ギリギリまで、嫌な顔一つせず、ファン一人一人に、笑顔でサインと握手、写真撮影のサービスをしてくれた元気選手。
その時撮っていただいたツーショット写真は、密かに今でも私の宝物ですぴかぴか
あんまり優しい対応で、友人と二人、ストーカーになってくっついて行きたいくらいの衝動にかられました汗

そんな彼が引退を宣言されると、私がいつもお世話になっている格闘クリニックがブログにて「須藤元気選手へメッセージを!」企画を始めました。責任を持って須藤選手にメッセージをお届けします。とのドクターからの確約付き企画。
何といっても格闘クリニックのブログですから、実際に面識のある方々からのメッセージも多く、とても一ファンの私などが書き込むのは気が引けました・・

が、格闘クリニックから、須藤元気選手が好きならメッセージをどうぞって声をかけていただいた事を励みに、メッセージを書き込みました。
もし、須藤元気選手がお好きな方がいらっしゃったら、書き込ませていただいてはいかがでしょうか?
なぜならば、須藤元気選手の思想は「We are all one(わたしたちは全て一つである)」なのだからラッキー

そして、彼の思想「We are all one(わたしたちは全て一つである)」を少しでも理解したくて、彼の書著を読みました。それが写真の本。
「風の谷のナウシカ」が題名の由来。
とてもシンプルな、でもとても大切なことを、改めて気付かせてくれるような本です。
とっても読み易い須藤元気哲学。

シンプルなことを、知識として知っていることと、実践できていることとは、全く違いますよね。
人には親切にするといいよ→て事はほとんどの方が知っている→じゃ、実践していますか?何を?いつ?

こういったシンプルなことを、決して押し付けず、問いかけてくれるような本だと思いました。
ああ、なんか、考え過ぎず、人としてもっとシンプルでいいのかなあって思えてきます。
心が軽くなって、清廉な気持ちになれました。
ちょっと心の洗濯をしたい時、肩の力を抜きたい時に、いい本かもしれませんねポッ
うっっ、まさに心のデトックスですねぴかぴかやっぱデトックスは今年流行るわ♪

けれど、これをアウトプットするために、彼が沢山のインプットをされてきたであろうことは、本を読めば容易に想像ができます。
須藤元気さんは現在、環境問題に興味があるとのこと。
今後の彼が、何をインプットされて、どんな事をアウトプットしてくれるのか、とってもとっても楽しみな私なのですおてんき

| 2007.01.06 Saturday | スポーツ観戦 | comments(0) |

ありがとう
14:55
頑張っている人ほど、ありがとうって言うんだね。

少し前になりますが、11月22日、格闘技の聖地、後楽園ホールで行われたJ-NETWORKのキックボクシングの試合を観戦してきました。
お世話になっている、格闘家専門スポーツクリニックの「格闘クリニック」のドクターにお誘いをいただいて。

格闘クリニックが行っている、科学的トレーニング「メディカルトレーニング」に参加されている選手の皆さんが多数参戦されていて、しかも、全員試合に勝利していらっしゃいました!!
むー、凄い・・さすが格闘クリニックぴかぴか

簡単に「勝った」「負けた」って言うけど、本当に勝つことは大変なことだと思います。
だって両方とも「勝とう」と思って試合する訳ですから・・当たり前のことだけど、間近で格闘技を観戦すると、その「大変さ」を再確認できます。
その様子は格闘クリニックのブログでコチラ

で、試合があれば勝者がいるわけです。
勝利者インタビューが行われるわけです。
「○○選手!おめでとうございます。試合の感想を一言お願いします」

「俺、頑張りました!キツイ練習に耐えて、必死な思いでここまでこれました!勝つために俺、頑張ってきてよかった!!」

これってきっと本当にそうでしょ?
でもね、そんなコメントを出す選手は、ただの一人もいないのです。

みんな、試合後の汗だくで疲労困憊の姿で、ひたすら「ありがとう」って言うのです。
「勝因は?」と問われれば
「応援してくれるお客さんのお陰です!」
「練習に付き合ってくれた仲間のお陰です!」
「サポートしてくれたトレーナーやチームのお陰です!」

自分の成功を、周囲の人のお陰ですって言い切って感謝する。
できそうでできない。格闘技に限らず。
だって、やっぱり、一番キツイ思いで頑張ってきたのは、本人だと思うから。

それでも、格闘技という激しい試合の直後、心身ともに朦朧としているかもしれない状況で、出てくる言葉は「ありがとう」「みんなのお陰です」という周囲への感謝の言葉・言葉・言葉。

いつもそう思っているから出てくる言葉ですよね。
そんな仲間がいることを、ちょっと羨ましく思いました。
でも、その愛情溢れる空間に身を置くことで、幸せな気持ちをもらえました。
胸がいっぱいになって涙が溢れそうになりました。

負けた人は、応援してくれた周囲の人に「すみませんでした」って謝ります。
謝らなくていいのに。自分のために頑張ってくれればいいのに。
それでも謝るのです。
なんなんだろう、この人たち。
勝っても負けても、なんでこんなに感動をプレゼントしてくれるんだろう。

20061204_227339.jpg

頑張っている人ほど「ありがとう」って言う。
もし、自分が「ありがとう」って思えない日々が続いたら、それは頑張れていない時かもしれない。
11月22日の後楽園ホール、J-NETWORKに参戦された選手の皆様、感動と勇気をありがとうございましたぴかぴか

| 2006.12.08 Friday | スポーツ観戦 | comments(0) |

後楽園ホールでプロレス観戦
13:17
20060425_113233.jpg

先日、後楽園ホールで行われた、BML(ビックマウスラウド)主催のプロレス興行を見に行きました。
後楽園ホールは大好きな会場です。

格闘技を観戦することは好きです。
大きな会場だと、とても華やかで、演出も素敵で、キョロキョロしてしまいます。
さいたまスーパーアリーナや、各ドーム、アリーナ、有明コロシアム。

でも、やはり一番好きな会場は、後楽園の青いビル5階の後楽園ホール。
水道橋の駅を降りると、気持ちがワクワクと弾んできます。

そこでは、ボクシングやキックボクシングなども常時行われています。
特にキックが好きで、よく観戦していた頃は、月に2回は後楽園ホールに足を運んでいました。
今は仕事の関係で、なかなか観戦することが困難になってしまいましたが‥

私や観戦仲間の友達が注目するのは、試合内容や試合をする選手であることは勿論ですが、とても気になるのは、周囲で選手をサポートする方々。

試合をする選手よりも一歩前に出て、相手の選手をにらんでしまう会長さんとか。
スーツ姿で解説席に座っていたのに、自分のジム所属の選手の試合になると、いつの間にか席を立って、リング下で身振り手振りをつけて檄を飛ばす会長さんとか。
リング下で声を張り上げるセコンドの方。
選手の身体と気持ちを考えつつ、ぎりぎりの判断を下すドクター。

それぞれの方が、それぞれの持ち場で、真剣勝負で闘っている。
闘う選手に負けないくらい、みなさん熱いのです!

そして勿論!試合をされる選手の皆さんの勇気と情熱。
観ているのは試合なんですが、でもその試合は、選手の生き様を観せていただいているのだと思っています。

もうとにかく、その会場に流れる熱い空気が、大好きなんです。
とってもとっても大きなエネルギーをもらえます。

今回行ったのはプロレスです。
プロレスは、エンターテイメント的な側面も大きくて、でも、だからこそ、お客さんを楽しませたり感動させるのは難しい事なのだと思っています。

BMLの社長の村上和成選手は、ファンに対しては大変親切で好青年。
でも、一度お仕事モードに入ると、何をするか分からない狂気と凶暴さをかもし出す。
プロだなあって思います。

この興行には、昔から応援している選手も多数参加しているので、今後も応援していこうと思っています。

すっかりリフレッシュした夜でした月
私も仕事、頑張るぞーグー

| 2006.04.25 Tuesday | スポーツ観戦 | comments(0) |